カプセルコーヒーとドリップコーヒーの違い

休日の朝、ゆっくりと朝食を摂った後、おいしいコーヒーを淹れて飲むと、至福の時間を過ごすことができますよね。特に、香り高い本格的なコーヒーの味わいは、私たちにリラックスした心地よいひと時を与えてくれます。

日本経済新聞に関しての情報が閲覧できます。

そんなおいしいコーヒーを、家庭で手軽に飲むことができる方法として、ドリップで飲む方法とカプセルコーヒーで飲む方法があります。


ドリップは昔から親しまれてきた飲み方なので、多くの方がご存知だと思いますが、カプセルコーヒーは、知らない方も結構いるのではないでしょうか。
カプセルコーヒーとは、一杯分の挽いたコーヒー豆が入ったカプセルを専用のマシンにセットしてボタンを押すと、コーヒーを淹れることができるというものです。

カプセルをセットしてボタンを押すだけで簡単に本格的なコーヒーが味わえるという手軽さが魅力となって、最近コーヒー好きの間で人気が出てきています。このカプセルコーヒーは、コーヒー一杯分の豆が個別にカプセルに密封されています。



なので、時間が経つにつれてコーヒーの風味が落ちるということがありません。
ドリップコーヒーだと、袋を開けた最初の頃は香りもよくおいしいコーヒーを飲むことができるのですが、開封して時間が経つにつれて風味が落ちてきます。


また、決まった量の豆を均一に密封してあるカプセルとは違って、淹れるときに自分で豆の量をはかる必要があるので、どうしても味にバラつきが出ます。カプセルだと、そういったことがないので、いつでもおいしいコーヒーを飲むことができるので、おすすめです。

カフェインレスコーヒーに関する有益な情報をご紹介いたします。